ボイトレブック powered by シアー > 発声・呼吸 > ロングトーンをキレイに出すコツと毎日の練習法を解説

ロングトーンをキレイに出すコツと毎日の練習法を解説

ロングトーンのコツ

  • 息が長く続かない…
  • ロングトーンはどういう練習をすればいいの?

本記事では、ロングローンに関する悩みや練習方法についてお答えします。

「ロングトーン」を習得できれば、カラオケでも高得点を目指せますし、表現力に磨きがかかり、聴いている人にも聴き入ってもらえるようになるでしょう。何より、歌っている自分が一番気持ちよくなれますよね。

フレーズの語尾をきれいに伸ばすテクニックは、ブレない安定した呼吸と発声が大切です。きれいにロングトーンを発声するための練習方法をご紹介しますので、声を伸ばすときに途切れてしまう方や、音がブレてしまう方は、一緒にトレーニングしていきましょう。

\全国対応・プロのレッスンを30分無料体験/

シアーミュージックの詳細はこちら

ロングトーンとは?

ロングトーンとは、一定の音や声を長く出し続ける発声方法です。腹式呼吸をはじめ、発声のテクニックが凝縮された発声方法なので、ロングトーンが安定すると発声の基礎が身についた言っても過言ではないでしょう。

ロングトーンを安定させるには、息をゆっくり長く吐き続けられる能力が必要になります。腹式呼吸ができていないと不安定になってしまうので、基礎的な練習ではありますが、比較的高度な技術とも言われています。ロングトーンは中~高音域で使われることが多いので、裏声を上手に発声できると、より磨きがかかるテクニックです。

ロングトーンを巧みに操るアーティストには、ONE OK ROCKのTakaさん、秦基博さん、MISIAさんなどが挙げられます。耳を澄まして聞きたくなるような、心地いいロングトーンをマスターできれば、歌ウマに一歩前進できますよ。

ロングトーンを身につけるメリット

ロングトーンを習得できると、声が不安定に揺れることがなく、一定のピッチを保つことができ、聴き心地のいい歌声になるのがメリットです。

ロングトーンを習得して安定した発声が身につくと、ビブラートも安定しやすくなります。ビブラートが上手くいかずに悩んでいる人にもおすすめの練習方法です。

ロングトーンの練習をする女性

ロングトーンの3つの練習方法

自信を持ってロングトーンが安定できるようになるには、次にご紹介する練習方法がおすすめです。

腹式呼吸で発声する

ロングトーンには腹式呼吸が欠かせません。なぜなら、ロングトーンに一番大切なのは息の吸い方と吐き方だからです。主に肺の上部で息を出し入れする胸式呼吸は歌に有効に使える空気の量が少ないですし、肩や首、喉に力が入りすぎてしまい、喉が圧迫されて長く息を吐きにくくなります。

ロングトーンの練習をする前に、胸部ではなく腹部を用いて呼吸できているかを確認してみましょう。息を吸ったときに肩が上がるなら、それは胸式呼吸になっています。寝転んだ状態は自然と腹式呼吸になるので、腹式呼吸の感覚がつかめない方は、最初は寝転びながら息を吸う&発声をしてみてください。

では、腹式呼吸で鼻からゆっくり息を吸い込み、長い時間をかけて吐き出してみましょう。具体的には、まずは「4秒で吸って8秒で吐く」ことを目安に行ってみてください。吸うときの倍の時間をかけて吐くのは、呼気に時間をかけることで、副交感神経を優位にして体をリラックスさせるためです。

この基本の腹式呼吸は、ロングトーンに必要な長さを安定させるために欠かせません。ロングトーンをきれいに出せるようになりたいなら、腹式呼吸をマスターするのが先決です。

腹式呼吸の練習方法は以下の記事でも詳しく解説していますので、ぜひご覧ください。

吐く息を一定量に保つ

ロングトーンを練習するときは、吐く息の量を一定に保つことも大切です。発声の最初に多く息を吐き出してしまうと息が続かないので、常に一定の量で息を吐きながら発声することを意識しましょう。息が続かないときは、出だしの発声で多く息を吐いてしまっていないか確認してみてください。

徐々に秒数を長くする

ロングトーンに慣れていないと、最初は10秒くらいで息が切れると思います。吐く息の量を一定に保つことを意識しつつ、徐々に秒数を伸ばしていくためにおすすめなのがロングブレスの練習です。声は出さずに、息だけで長く吐き出せるように練習してみてください。

息を「Su―」と出すだけのシンプルな練習ですが、やってみると案外安定させるのは難しいです。まずは息だけの安定感をつけていきましょう。目安は30〜40秒です。

【男性】
初級…15秒
中級…40秒
上級…60秒

【女性】
初級…10秒
中級…30秒
上級…45秒

おわりに:ロングトーンができれば、発声の基礎が固まる!

ボイストレーニングなどでも、最初にロングトーンを聴いて、受講する人のレベルを見極めるというトレーナーは多いです。いろいろな技術が凝縮されている発声方法だからこそ、なのでしょう。

ロングトーンをマスターできれば、熱唱しても語尾がきれいに伸びて、聴きごたえのある歌声になれます。トレーニングは「攻め」か「守り」でいうと「攻め」の気持ちで強気にやった方がよいですが、気合いを入れ過ぎて力んでしまわないように気をつけましょう。「情熱」と「冷静」の間でうまくバランスを取りつつ、諦めずにトレーニングしてみてください。

この記事の監修

多田 亘佑講師(ボーカル)幼少期から様々な音楽に触れ、高校では合唱の全国大会に出場。大学からアカペラの活動が本格化し、ブライダル関係を中心に雪まつり、スキー場のカウントダウンライブなどのイベントに多数出演。ハモネプで全国優勝した『じゃ~んずΩ』(現:JARNZΩ)のボイストレーニング・編曲指導・音楽プロデュースを経験後、2009年よりシアーミュージック札幌校に所属。 年間最大2500以上のレッスン実績があり、初心者からプロ志向の方を対象に、カラオケ上達から音楽活動のバックアップまでと目的に応じて幅広く展開。風船を始めとした身近な道具を用いたトレーニングや、独自視点の高音克服トレーニング・完全コピー(歌唱分析)・ハモリなど追究したオリジナルメニューで理解度・体感度・上達度の高いレッスンを特徴としている。

関連記事